協議会について

「沼津かのがわ利用調整協議会」とは

取り組みの経過

沼津市では、まちなかを流れる狩野川の水辺空間を生かしたまちづくりを各種計画に位置づけ、様々な事業を複合的に進めることでうるおいのある都市空間づくりや回遊拠点づくりに取り組んできました。

これまでの河川敷地の占用のルールでは、公共的な目的に利用する場合に限られていましたが、平成23年3月にこのルールが改正され、河川敷地でのイベントやオープンカフェ営業などが一定の枠組みのもとで民間事業者にも認められるようになりました。

そこで、沼津市では、平成24年度から、狩野川を管理する国などとともに、上土広場などをこれまで以上に利用促進を図り、まちのにぎわい創出つながるよう、新たな利用の枠組みについて検討することにしました。

社会実験の実施

平成25年度には、上土広場にふさわしい新たな利用方法などを検討する研究会を国や商業者の方などと立ち上げ、オープンカフェ、音楽等ステージ、バーベキュー、マーケットなどを社会実験として実施しながら研究を進めました。

市民アンケートなども交えて研究会で話し合った結果、この地域の人たちが好む、ゆったりと緩やかな時間を過ごしたり、市街地ならではのお洒落な雰囲気を楽しんだりする「まちなかを流れる狩野川の魅力とその素晴らしいロケーションを活かしたお洒落な空間の演出」というコンセプトが上土広場の利用にはふさわしいだろうという結論となりました。

協議会の枠組み

これらをふまえて、沼津市から河川管理者である国に上土広場でオープンカフェ営業などの各種事業ができる場所となるよう要望したところ、平成26年2月、国が直轄する河川としては中部地方で初めての事例として区域指定が認められました。

この各種事業を実施していく枠組みとして、国や市、商工団体などのメンバーにより立ち上げたのが「沼津かのがわ利用調整協議会」です。

現在、この協議会が上土広場を一体的に占用しており、この枠組みの中で実施することでオープンカフェ営業などが可能になりました。

協議会では、これからも利用者、河川管理者などの理解や協力を得ながら、現状の課題についてひとつひとつ改善し、まちのにぎわいにつながる狩野川の水辺空間の利用が更に図られるよう、取り組みを進めていきます。

組織概要

名称:
沼津かのがわ利用調整協議会(正式名称:沼津上土町周辺狩野川河川空間利用調整協議会)
設立:
平成26年1月
メンバー:
沼津市、沼津商工会議所、沼津市商店街連盟、沼津あげつち商店街振興組合、NPO法人沼津観光協会、国土交通省中部地方整備局 沼津河川国道事務所
事務局:
沼津市役所商工振興課
静岡県沼津市御幸町16-1 TEL 055-934-4748

協議会の占有区域

沼津かのがわ利用調整協議会 占有区域