風のテラスの魅力

まちなかとしての魅力

駅から徒歩10分

沼津市のまちなかを流れる狩野川。「かのがわ風のテラス」は沼津駅の南口から徒歩10分というロケーションです。

まちなかだからこそのアクセスの良さ。電車・バスなどの公共交通機関で簡単に足を運ぶことが出来ます。

また周辺に駐車場も多数あります。郊外の河川敷のように、道路に路上駐車をせざるを得ない、ということもありません。

整備された階段堤

「かのがわ風のテラス」は、整備された階段堤です。

狩野川が海に向けて大きくカーブする大手町・上土町にかけての約400メートルに渡り、階段状に整備されていて、イベントの時にはイスがわりになるなど、様々な使い方ができます。

また階段になっているため、川面への昇り降りがとっても楽チン。

ちょっとした買い物も

「かのがわ風のテラス」は、あげつち商店街のすぐそば。イベントをやっている最中でも、商店街やコンビニエンスストアでの調達が出来ます。

自然の魅力

ゆるやかな流れ

「かのがわ風のテラス」があるエリアは、狩野川の河口部から約2キロ。

流れがゆるやかなため、川を使ったイベントにも安心して使えます。

また海の潮の満ち引きの影響もあり、満潮にむかう時間帯は、更に流れがゆるやかになり、安定した水面になります。

豊富な自然

ぬまづは駅から徒歩30分圏内に、”遊べる”海・山・川がある自然が近いまちです。

「かのがわ風のテラス」を起点に、川ではカヤックやラフト、SUP(スタンドアップパドルボード)が、トレッキングなら5山7峠が連なる沼津アルプスが、そして川を下って約2キロ、そこから先は駿河湾が広がります。駿河湾の豊かな風を利用して、ウィンドサーフィンやヨットなどを楽しむことができます。

豊かな景観

風のテラスを中心に半径2キロくらいの間に沼津港があり、中心市街地があり、そして香貫山がある。

海から街へ、そして山へという景色の移り変わりを楽しめるのも沼津をながれる狩野川の魅力。

風のテラスから、ウォーキングで、自転車で、カヤックで、狩野川の風を感じながらその景色を楽しんで下さい。